佐世保(読み)サセボ

デジタル大辞泉の解説

させぼ【佐世保】

長崎県北部、北松浦半島にある市。明治以来軍港として栄え、第二次大戦後は米軍基地、自衛隊基地となった。造船業が盛ん。平成17年(2005)吉井町・世知原(せちばる)町を、平成18年(2006)に宇久町・小佐々町を、平成22年(2010)に江迎(えむかえ)町・鹿町町を編入。人口26.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

させぼ【佐世保】

長崎県中部にある市。旧軍港。海上自衛隊の基地。佐世保港を中心に造船・機械工業が立地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

させぼ【佐世保】

長崎県北部の地名良港を持ち、明治一九年(一八八六)海軍鎮守府が置かれて発展した。第二次世界大戦後は米海軍、海上自衛隊の基地が置かれ、造船工業が盛ん。佐世保線、大村線、松浦鉄道が通じる。明治三五年(一九〇二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐世保の関連情報