佐世保(読み)サセボ

デジタル大辞泉「佐世保」の解説

させぼ【佐世保】

長崎県北部、北松浦半島にある市。明治以来軍港として栄え、第二次大戦後は米軍基地、自衛隊基地となった。造船業が盛ん。平成17年(2005)吉井町・世知原(せちばる)町を、平成18年(2006)に宇久町・小佐々町を、平成22年(2010)に江迎(えむかえ)町・鹿町町を編入。人口26.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「佐世保」の解説

させぼ【佐世保】

長崎県北部の地名良港を持ち、明治一九年(一八八六)海軍鎮守府が置かれて発展した。第二次世界大戦後は米海軍、海上自衛隊の基地が置かれ、造船工業が盛ん。佐世保線、大村線、松浦鉄道が通じる。明治三五年(一九〇二市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android