コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間文 のま ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間文 のま-ふみ

1841-1921 明治-大正時代,野間清治の母。
天保(てんぽう)12年7月9日生まれ。もと上総(かずさ)(千葉県)飯野藩剣道師範森要蔵の長女。35歳で父の門下生野間好雄と結婚。留雄と名のって薙刀(なぎなた),鎖鎌を指南。夫とともに諸国を遍歴後,群馬県桐生(きりゅう)で道場をひらき,明治11年長男清治(講談社の創立者)を生んだ。大正10年4月28日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android