コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間文 のま ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間文 のま-ふみ

1841-1921 明治-大正時代,野間清治の母。
天保(てんぽう)12年7月9日生まれ。もと上総(かずさ)(千葉県)飯野藩剣道師範森要蔵の長女。35歳で父の門下生野間好雄と結婚。留雄と名のって薙刀(なぎなた),鎖鎌を指南。夫とともに諸国を遍歴後,群馬県桐生(きりゅう)で道場をひらき,明治11年長男清治(講談社の創立者)を生んだ。大正10年4月28日死去。81歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野間文の関連キーワード神器 軍艦「橿原」殺人事件ミュージックブレスユー!!女たち三百人の裏切りの書マロニエの花が言った洪水はわが魂に及びノヴァーリスの引用ヨオロツパの世紀末かげろふの日記遺文まどろむ夜のUFO目まいのする散歩ひべるにあ島紀行好きな女の胸飾り年月のあしおといのちとかたち私のチェーホフジェントルマン詩集死の淵より百年の旅人たちさまざまな青春その姿の消し方

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android