金の切れ目が縁の切れ目(読み)かねのきれめがえんのきれめ

ことわざを知る辞典「金の切れ目が縁の切れ目」の解説

金の切れ目が縁の切れ目

男と女の関係は、金が無くなった時点で終わりになる。また、男女に限らず、世間実利によって結ばれていて、金銭関係がなくなると、つきあいも自然にとぎれる。

[使用例] 金の切れめがの切れめ、ってのはね、あれはね、解釈が逆なんだ。金が無くなると女にふられるって意味、じゃあないんだ[太宰治*人間失格|1948]

[解説] 男女関係にいうことが多いが、一般的なつきあいについても用います。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「金の切れ目が縁の切れ目」の解説

かね【金】 の 切(き)れ目(め)が縁(えん)の切(き)れ目(め)

金銭上の利益がそれ以上見込めなくなった時が人間としての付き合いも終わる時だ。金銭がなくなったとたん愛想が悪くなる。
※人間失格(1948)〈太宰治〉第三の手記「金の切れ目が、縁の切れ目、って本当の事だよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金の切れ目が縁の切れ目」の解説

金(かね)の切れ目が縁の切れ目

金銭で成り立っている関係は、金がなくなれば終わるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android