コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城和信 きんじょう わしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城和信 きんじょう-わしん

1898-1978 昭和時代の教育者,社会事業家。
明治31年3月1日生まれ。戦前は沖縄県の小学校長などを歴任。戦後は摩文仁(まぶに)におかれた真和志村の村長に任命され,遺骨の収集をおこない,魂魄(こんぱく)之塔,ひめゆりの塔,健児之塔を建立。昭和29年沖縄戦没学徒援護会を設立した。昭和53年11月17日死去。80歳。沖縄県出身。沖縄師範卒。
【格言など】私は生涯遺骨を背負うて生きぬく

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金城和信の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門平岩弓枝内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ宇宙開発史(年表)サーカス大場久美子岩合光昭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android