金声玉振(読み)キンセイギョクシン

大辞林 第三版の解説

きんせいぎょくしん【金声玉振】

〔「孟子万章下」より。「金」は鐘、「玉」は磬けい。昔、中国で合奏のとき、初めに鐘を鳴らし最後に磬を打ったことから〕
知徳が総合大成されたことのたとえ。特に、孔子の大成をたたえる語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android