コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 きん

9件 の用語解説(磬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きん

仏教で用いる体鳴楽器。磬 (けい) の唐音読み「きん」にあてた造字。銅,響銅 (さわり) などの金属製碗状の本体と,1本の打棒から成る。本体を台の上に置き,その縁を打棒で打鳴らす。大小さまざまのものがあり,名称もさわり,打鳴らし,おりん,なまりんなどの別称があるが,宗派によっては,その材質,大きさによって,これらの別称で区別する場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


けい

中国の雅楽で用いられた体鳴楽器。日本では仏教楽器として用いる。平らな石片,まれに金属片の一端に孔をあけ,そこに紐を通して架につるし,角製あるいは木製の撞木 (しゅもく) で打鳴らす。石片が1個から成る特磬と,十数個から成る編磬 (へんけい) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん【×磬】

唐音》読経の際に打ち鳴らす、銅製や鉄製の鉢形をした仏具。禅宗で用い始めたもの。磬(けい)とは異なる。銅鉢。

けい【×磬】

中国古代の打楽器。枠の中に「へ」の字形の石板をつり下げ角(つの)製の槌(つち)で打ち鳴らすもの。石板が1個だけの特磬と、十数個の編磬とがある。宋代に朝鮮に伝わり雅楽に使用。日本では奈良時代以降、銅・鉄製の特磬を仏具に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磬【けい】

中国の打楽器。中国語ではチン。石片をつるして槌(つち)で打つもの。石片は〈へ〉の字の形をしている。1個だけつるしたものを特磬(トーチン),十数個が1組になっているものを編磬(ビエンチン)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けい【磬 qìng】

中国古代の体鳴楽器。石あるいは玉の板に彫刻をほどこしたものを架につるして,木づちで打奏する。後には金属製となった。殷代には,大形の磬を一つつるした〈特磬〉が存在し,周代以来,雅楽で用いられた。1950年殷墟から嬰ハの音高をもつ虎紋入りの大理石の磬が出土している。磬の形には半円形と〈へ〉の字形の2種があり,長さの比は2対1である。音高の異なるいくつかの磬を組み合わせて木の架(虡(きよ)または簨虡(しゆんきよ)という)につるしたものを〈編磬〉といい,殷代には磬が3枚のもの,周代にはすでに十数枚を木架に1列につるしたものも存在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きん【磬】

〔唐音〕
銅製または鉄製の鉢で、読経どきようの際に打ち鳴らす仏具。鈴りんの大形のもので、半鐘をあお向けにしたような形。銅鉢。磬子きんす。 → けい(磬)

けい【磬】

中国起源の打楽器。「へ」の字形の石の板を架に吊り、桴ばちで打ち鳴らす。一個だけの特磬と、大小十数個を並べ吊るした編磬がある。中国・朝鮮では雅楽用。日本では銅・鉄製で主に声明しようみようの合図用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けい

東アジアの体鳴楽器。スタンド型の枠の中に石板をつり下げて角(つの)製の槌(つち)で打ち鳴らす。石板が1枚だけの場合には特磬、10枚以上をセットにした場合を編磬(ストーン・チャイム)と称する。中国、宋(そう)代に朝鮮半島に伝わり、儀式としての雅楽に使われたらしい。ソウルの国立国楽院に編磬が現存し、平壌(ピョンヤン)に複製がある。日本では奈良時代以後、特磬が仏具として使用されている。中国の湖北省博物館には、1978年に曽侯乙(そこういつ)墓で発掘された首長四足動物の形をした台脚をもつものが保管されている。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【鏧】より

…磬とも書き,鏧(磬)子(けいす∥きんす),打金(うちがね),銅鉢(どうばち),あるいは俗にザルガネなどともいう。仏教で用いる鳴物(楽器)の一種で,銅または青銅製で大型の鉢の形をしたもの。…

【楽器】より

…また,古代中国および現代の朝鮮半島にみられる編鐘は,音の高さの異なる鐘(しよう)を多数配列した,珍しい金属製打楽器である。 その他の打楽器として,比較的少数の例であるが,古代中国などの磬(けい)のように石を打つものがある。また,日本のすりざさらやメキシコのギロのようにこすって鳴らすもの,あるいはオセアニアなどに多いがらがらのように,堅くて小さなものを一度に鳴らすタイプの楽器も,広い意味で打楽器に含めてよいであろう。…

※「磬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磬の関連キーワード気鳴楽器弦鳴楽器七経体鳴楽器膜鳴楽器五弦琴実矧ぎ佐藤武敏《中国古代の祭礼と歌謡》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磬の関連情報