コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きん

仏教で用いる体鳴楽器。磬 (けい) の唐音読み「きん」にあてた造字。銅,響銅 (さわり) などの金属製碗状の本体と,1本の打棒から成る。本体を台の上に置き,その縁を打棒で打鳴らす。大小さまざまのものがあり,名称もさわり,打鳴らし,おりん,なまりんなどの別称があるが,宗派によっては,その材質,大きさによって,これらの別称で区別する場合もある。携帯用の把手のついたものを,特に引磬 (いんきん) と呼ぶ。


けい

中国の雅楽で用いられた体鳴楽器。日本では仏教楽器として用いる。平らな石片,まれに金属片の一端に孔をあけ,そこに紐を通して架につるし,角製あるいは木製の撞木 (しゅもく) で打鳴らす。石片が1個から成る特磬と,十数個から成る編磬 (へんけい) がある。石片の形はさまざまであるが,「へ」の字形が新しくて多い。日本へはこの形のものが仏教楽器として伝来された。日本の磬は銅,鉄の鋳製で,左右均等の山形をなし,中央に蓮華座の撞座がある。木製の磬架に吊り,普通,導師の座の右脇に置く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん【×磬】

唐音読経の際に打ち鳴らす、銅製鉄製鉢形をした仏具禅宗で用い始めたもの。磬(けい)とは異なる。銅鉢

けい【×磬】

中国古代の打楽器。枠の中に「へ」の字形の石板をつり下げ角(つの)製の槌(つち)で打ち鳴らすもの。石板が1個だけの特磬と、十数個の編磬とがある。宋代に朝鮮に伝わり雅楽に使用。日本では奈良時代以降、銅・鉄製の特磬を仏具に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磬【けい】

中国の打楽器。中国語ではチン。石片をつるして槌(つち)で打つもの。石片は〈へ〉の字の形をしている。1個だけつるしたものを特磬(トーチン),十数個が1組になっているものを編磬(ビエンチン)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けい【磬 qìng】

中国古代の体鳴楽器。石あるいは玉の板に彫刻をほどこしたものを架につるして,木づちで打奏する。後には金属製となった。殷代には,大形の磬を一つつるした〈特磬〉が存在し,周代以来,雅楽で用いられた。1950年殷墟から嬰ハの音高をもつ虎紋入りの大理石の磬が出土している。磬の形には半円形と〈へ〉の字形の2種があり,長さの比は2対1である。音高の異なるいくつかの磬を組み合わせて木の架(虡(きよ)または簨虡(しゆんきよ)という)につるしたものを〈編磬〉といい,殷代には磬が3枚のもの,周代にはすでに十数枚を木架に1列につるしたものも存在した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きん【磬】

〔唐音〕
銅製または鉄製の鉢で、読経どきようの際に打ち鳴らす仏具。鈴りんの大形のもので、半鐘をあお向けにしたような形。銅鉢。磬子きんす。 → けい(磬)

けい【磬】

中国起源の打楽器。「へ」の字形の石の板を架に吊り、桴ばちで打ち鳴らす。一個だけの特磬と、大小十数個を並べ吊るした編磬がある。中国・朝鮮では雅楽用。日本では銅・鉄製で主に声明しようみようの合図用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けい

東アジアの体鳴楽器。スタンド型の枠の中に石板をつり下げて角(つの)製の槌(つち)で打ち鳴らす。石板が1枚だけの場合には特磬、10枚以上をセットにした場合を編磬(ストーン・チャイム)と称する。中国、宋(そう)代に朝鮮半島に伝わり、儀式としての雅楽に使われたらしい。ソウルの国立国楽院に編磬が現存し、平壌(ピョンヤン)に複製がある。日本では奈良時代以後、特磬が仏具として使用されている。中国の湖北省博物館には、1978年に曽侯乙(そこういつ)墓で発掘された首長四足動物の形をした台脚をもつものが保管されている。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【鏧】より

…磬とも書き,鏧(磬)子(けいす∥きんす),打金(うちがね),銅鉢(どうばち),あるいは俗にザルガネなどともいう。仏教で用いる鳴物(楽器)の一種で,銅または青銅製で大型の鉢の形をしたもの。…

【楽器】より

…また,古代中国および現代の朝鮮半島にみられる編鐘は,音の高さの異なる鐘(しよう)を多数配列した,珍しい金属製打楽器である。 その他の打楽器として,比較的少数の例であるが,古代中国などの磬(けい)のように石を打つものがある。また,日本のすりざさらやメキシコのギロのようにこすって鳴らすもの,あるいはオセアニアなどに多いがらがらのように,堅くて小さなものを一度に鳴らすタイプの楽器も,広い意味で打楽器に含めてよいであろう。…

※「磬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磬の関連キーワード打ち鳴らし・打鳴らし大分県宇佐市南宇佐金声玉振吉弘元常音丸耕堂孔雀文滝谷寺程瑤田地蔵院蓮華文鉦打ち禅林寺鐘∥鉦華原磬泗浜石朴堧山口磬石唄器方響

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磬の関連情報