コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金大問 きんだいもんKim Dae‐mun

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいもん【金大問 Kim Dae‐mun】

7世紀後半から8世紀前半ごろの朝鮮,新羅の文人。生没年不詳。唐に留学,帰国して704年漢山州都督となる。文章にすぐれ,花郎の事跡をしるした《花郎世記》をはじめ《高僧伝》《楽本》《漢山記》など,伝記を中心とする多数の著述をなし,その断章が《三国史記》(1145)のなかに伝わる。とくに麻立干などの新羅の王号を新羅語によって説明したくだりは,往時の言語・社会を知るうえで貴重。【大井 剛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金大問の関連キーワード朝鮮文学

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android