コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子金陵 かねこ きんりょう

3件 の用語解説(金子金陵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金子金陵

江戸後期の画家。江戸生。名は允圭、字は君璋、別号に日南亭。南蘋派を学び、のち谷文晁に師事した。花鳥・人物を能くし、渡辺崋山の師として有名。文化14年(1817)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子金陵 かねこ-きんりょう

?-1817 江戸時代後期の画家。
谷文晁(ぶんちょう)に師事し,沈南蘋(しん-なんぴん)風の花鳥画を得意とした。渡辺崋山(かざん)の師として知られる。文化14年2月8日死去。名は允圭。字(あざな)は君璋。通称は平太夫。別号に日南亭。作品に「芙蓉白鷺(しらさぎ)図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金子金陵

没年:文化14.2.8(1817.3.25)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。旗本の大森勇三郎の家臣で,名は允圭,字は君璋,通称平太夫,日南亭と号した。画は谷文晁に学び,沈南蘋風の花鳥画を得意とした。金陵は画名より,むしろ渡辺崋山や椿椿山の師として高名。特に崋山はその著『退役願書之稿』の中で,初め白芝山なる画工に絵を習ったが,貧乏で付け届ができず破門されたこと,このため父に紹介された金陵が,格別に崋山を憐れみ弟子にしてくれたことを記している。金陵の代表作に「芙蓉白鷺図」(佐野美術館蔵)がある。<参考文献>佐野美術館『夭折の南画家展/図録』

(小川知二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金子金陵の関連キーワード青広胤早斯尹等明原文暉森白鳳牧楚山陪臣大森捜月田中香雪津田弁作

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone