金子金陵(読み)かねこ きんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子金陵 かねこ-きんりょう

?-1817 江戸時代後期の画家。
谷文晁(ぶんちょう)に師事し,沈南蘋(しん-なんぴん)風の花鳥画を得意とした。渡辺崋山(かざん)の師として知られる。文化14年2月8日死去。名は允圭。字(あざな)は君璋。通称は平太夫。別号に日南亭。作品に「芙蓉白鷺(しらさぎ)図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

金子金陵

没年:文化14.2.8(1817.3.25)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。旗本の大森勇三郎の家臣で,名は允圭,字は君璋,通称平太夫,日南亭と号した。画は谷文晁に学び,沈南蘋風の花鳥画を得意とした。金陵は画名より,むしろ渡辺崋山や椿椿山の師として高名。特に崋山はその著『退役願書之稿』の中で,初め白芝山なる画工に絵を習ったが,貧乏で付け届ができず破門されたこと,このため父に紹介された金陵が,格別に崋山を憐れみ弟子にしてくれたことを記している。金陵の代表作に「芙蓉白鷺図」(佐野美術館蔵)がある。<参考文献>佐野美術館『夭折の南画家展/図録』

(小川知二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android