コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属錯塩染料 キンゾクサクエンセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

きんぞく‐さくえんせんりょう〔‐サクエンセンレウ〕【金属錯塩染料】

含金属染料

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくさくえんせんりょう【金属錯塩染料 metal complex dye】

アゾ基-N=N-で連結された芳香環のそれぞれオルトの位置にヒドロキシル基-OH,カルボキシル基-COOHなどの錯形成基をもつアゾ色素が,銅Cu,コバルトCo,クロムCr,ニッケルNi,鉄Feなどの金属との間で錯塩を形成している染料。直接染料,酸性染料および顔料として用いられる。金属とアゾ色素の結合比によって1対1型と1対2型がある。色も黄色から赤色,青色,黒色にいたるまで幅が広く,一般に耐光堅牢度,洗濯堅牢度が優れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の金属錯塩染料の言及

【染料】より

…このようにして共役系が長くなるほど,また置換基などの影響でπ電子系の電荷のかたよりが大きくなるほど,染料の吸収スペクトルは長波長となり,観察される色は深くなる。
[化学構造と性質]
 染色性を基として染料を分類すると,直接染料,酸性染料,塩基性染料,酸性媒染染料,金属錯塩染料,硫化染料,建染染料,硫化建染染料,アゾイック染料,分散染料,反応染料,酸化染料,油溶染料および蛍光増白剤などが挙げられる。しかしながら近年の染料部属の需要は大きく変化し,ほとんど使われなくなったもの,非常に使用量が増加したものなどさまざまである。…

※「金属錯塩染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金属錯塩染料の関連キーワード媒染染料アゾ基