金持景藤(読み)かもち かげふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金持景藤 かもち-かげふじ

?-? 南北朝時代の武士。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)隠岐(おき)(島根県)を脱出して伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)に挙兵した後醍醐(ごだいご)天皇を名和長年らとともに護衛。ついで鎌倉幕府の滅亡で京都にかえる天皇の供をし,錦旗を保持した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android