金森得水(読み)かなもり とくすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金森得水 かなもり-とくすい

1786-1865 江戸時代後期の茶人。
天明6年4月8日生まれ。紀伊(きい)和歌山藩領の伊勢(いせ)(三重県)田丸城主久野家の家臣。国学を本居大平,鬼島(きじま)広蔭に,茶道を表千家10代千宗左にまなぶ。小池流水術にもすぐれた。晩年は殖産に力をそそぎ,新田を開拓した。元治(げんじ)2年2月15日死去。80歳。名は仲。字(あざな)は長興。別号に琴屋,琴屋叟,玄甲舎。著作に「本朝陶器攷証」「古今茶話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android