コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金毘羅義方 こんぴら よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金毘羅義方 こんぴら-よしかた

?-? 鎌倉時代の悪党。
正応(しょうおう)4年(1291)ごろ,紀伊(きい)高野山領名手荘(なてのしょう)(和歌山県)を本拠として,放火,殺人,田畑荒らしなどをはたらき,「国中無双の大悪党」といわれた。通称は次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

金毘羅義方

生年:生没年不詳
鎌倉後期の高野山領紀伊国(和歌山県)名手荘の悪党。正応4(1291)年高野山領荒川荘の悪党蜂起に呼応し,縁者の家基と共に名手荘で放火,殺害,刈田狼藉あるいは路次押取などの悪党行為を働き,「国中無双の大悪党」と呼ばれた。

(小山靖憲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

金毘羅義方の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android