コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢勘右衛門 かなざわ かんえもん

2件 の用語解説(金沢勘右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金沢勘右衛門 かなざわ-かんえもん

1638-1691 江戸時代前期の測量家。
寛永15年生まれ。金沢刑部左衛門の次男。金沢清左衛門の弟。兄にまなび,天和(てんな)2年(1682)陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)の江戸定府(じょうふ)の勘定方となる。貞享(じょうきょう)のころ弟子の清水貞徳(さだのり)とともに津軽にいき,領内の測量に従事し,精巧な絵図をつくった。元禄(げんろく)4年閏(うるう)8月9日死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金沢勘右衛門

没年:元禄4.閏8.9(1691.9.30)
生年:生年不詳
江戸前期の測量家。父刑部左衛門は肥前国島原城(長崎県)城主高力高房の家臣で,長崎の樋口権右衛門(謙貞。のちの小林義信)からオランダ人カスパル伝授の測量術を学んだが,主家改易のため浪人し,技術を長子清左衛門に伝えた。勘右衛門は次男で,兄に学ぶ。天和2(1682)年津軽藩主津軽信政に金8両4人扶持の勘定人として迎えられ,弟子清水貞徳と貞享3(1686)年弘前へ下り,領内絵図を作った。元禄3(1690)年再度藩地へ赴き,黒石領の絵図を作った。同年末,150石取り藩士に挙げられ,藩主の側近となったが,翌年没。長子喜太郎が相続したが,同11年失踪し,同家は津軽藩から消えた。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金沢勘右衛門の関連キーワード住友吉左衛門加藤源左衛門金沢刑部左衛門金沢清左衛門河内武信後藤源左衛門市東刑部左衛門島谷市左衛門高木昌秀三角風蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone