コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢勘右衛門 かなざわ かんえもん

2件 の用語解説(金沢勘右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金沢勘右衛門 かなざわ-かんえもん

1638-1691 江戸時代前期の測量家。
寛永15年生まれ。金沢刑部左衛門の次男。金沢清左衛門の弟。兄にまなび,天和(てんな)2年(1682)陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)の江戸定府(じょうふ)の勘定方となる。貞享(じょうきょう)のころ弟子の清水貞徳(さだのり)とともに津軽にいき,領内の測量に従事し,精巧な絵図をつくった。元禄(げんろく)4年閏(うるう)8月9日死去。54歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

金沢勘右衛門

没年:元禄4.閏8.9(1691.9.30)
生年:生年不詳
江戸前期の測量家。父刑部左衛門は肥前国島原城(長崎県)城主高力高房の家臣で,長崎の樋口権右衛門(謙貞。のちの小林義信)からオランダ人カスパル伝授の測量術を学んだが,主家改易のため浪人し,技術を長子清左衛門に伝えた。勘右衛門は次男で,兄に学ぶ。天和2(1682)年津軽藩主津軽信政に金8両4人扶持の勘定人として迎えられ,弟子清水貞徳と貞享3(1686)年弘前へ下り,領内絵図を作った。元禄3(1690)年再度藩地へ赴き,黒石領の絵図を作った。同年末,150石取り藩士に挙げられ,藩主の側近となったが,翌年没。長子喜太郎が相続したが,同11年失踪し,同家は津軽藩から消えた。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

金沢勘右衛門の関連キーワード越後屋真珠庵鷹筑波集新科学対話別子銅山抱え地厚顔抄嵯峨日記猿蓑雑談集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone