金糸雀(読み)カナリア(英語表記)〈ポルトガル〉canaria

デジタル大辞泉「金糸雀」の解説

カナリア(〈ポルトガル〉canaria)

《「カナリヤ」とも》アトリ科の鳥。野生のものはスズメ大、全体に緑褐色で、カナリア諸島などに分布。15世紀からヨーロッパに持ち込まれ、飼い鳥として多品種が作られた。日本には18世紀末に長崎舶来。姿を楽しむ巻き毛カナリア細カナリア、声を楽しむローラーカナリアなどがあり、羽色も・白・・赤・だいだい色などさまざま。
[補説]「」とも書く。

きんし‐じゃく【金糸×雀】

カナリアのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「金糸雀」の解説

金糸雀 (カナリア)

学名Serinus canaria
動物。アトリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典「金糸雀」の解説

きんし‐じゃく【金糸雀】

〘名〙 鳥「カナリア」の漢名。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android