コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナリア 〈ポルトガル〉canaria

デジタル大辞泉の解説

カナリア(〈ポルトガル〉canaria)

《「カナリヤ」とも》アトリ科の鳥。野生のものはスズメ大、全体に緑褐色で、カナリア諸島などに分布。15世紀からヨーロッパに持ち込まれ、飼い鳥として多品種が作られた。日本には18世紀末に長崎に舶来。姿を楽しむ巻き毛カナリア・細カナリア、声を楽しむローラーカナリアなどがあり、羽色も黄・白・灰・赤・橙(だいだい)色などさまざま。
[補説]「」とも書く。

きんし‐じゃく【金糸×雀】

カナリアのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カナリア【金糸雀】

〔カナリヤとも〕
スズメ目アトリ科の小鳥。全長約14センチメートル。羽色は黄色あるいは暗緑黄色のものが多い。姿がよく鳴き声が美しいので、愛玩用として飼われる。原種はカナリア諸島とその付近の原産。一五世紀末に飼い鳥としてヨーロッパに輸入され、姿・鳴き声などが改良され、種々の品種が作られた。日本には一八世紀末に長崎に伝わった。ローラー-カナリア・巻き毛カナリア・細カナリアなど。 〔「金糸雀」とも書く〕

きんしじゃく【金糸雀】

カナリア。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金糸雀 (カナリア)

学名:Serinus canaria
動物。アトリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

カナリアの関連キーワードカナリーイエロー高橋広司

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナリアの関連情報