コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷興詩 かなや おきうた

2件 の用語解説(金谷興詩の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金谷興詩

歌人。通称興右衛門、号は遷斎・夢野舎。大阪生。歌は伴蒿蹊に学び、香川景樹門に入る。また中村韋庵に漢学を学ぶ。著書に『難波津百首』『詠歌大慨抄箋』等がある。天保6年(1835)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金谷興詩 かなや-おきうた

1774-1835 江戸時代後期の歌人。
安永3年生まれ。大坂の人。父金谷三石の跡をつぎ,天満組(てんまぐみ)惣年寄。漢学を中村韋庵に,国学を伴蒿蹊(こうけい),加藤景範(かげのり)にまなぶ。天保(てんぽう)6年6月14日死去。62歳。字(あざな)は立礼。通称は与右衛門。号は遷斎,夢野舎。著作に「詠歌大概抄箋」など,家集に「正声(せいせい)抄」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

金谷興詩の関連キーワード山本嘉之青木行敬新井静斎賀田秀蔭可亭順阿高橋正翁野中儀蜂屋光世宮下正岑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone