コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷興詩 かなや おきうた

美術人名辞典の解説

金谷興詩

歌人。通称興右衛門、号は遷斎・夢野舎。大阪生。歌は伴蒿蹊に学び、香川景樹門に入る。また中村韋庵に漢学を学ぶ。著書に『難波津百首』『詠歌大慨抄箋』等がある。天保6年(1835)歿、62才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金谷興詩 かなや-おきうた

1774-1835 江戸時代後期の歌人。
安永3年生まれ。大坂の人。父金谷三石の跡をつぎ,天満組(てんまぐみ)惣年寄。漢学を中村韋庵に,国学を伴蒿蹊(こうけい),加藤景範(かげのり)にまなぶ。天保(てんぽう)6年6月14日死去。62歳。字(あざな)は立礼。通称は与右衛門。号は遷斎,夢野舎。著作に「詠歌大概抄箋」など,家集に「正声(せいせい)抄」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone