コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜鳴屋平七 かまなりや へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釜鳴屋平七 かまなりや-へいしち

1828-1863 幕末の一揆指導者。
文政11年生まれ。伊豆(いず)熱海村(静岡県)の網主。鮪(まぐろ)網の権利の独占をはかる村役人に対し,網子の側にたち安政6年(1859)韮山(にらやま)代官所に直訴する。捕らえられて入牢ののち遠島に処され,八丈島へおくられる途中の大島で文久3年11月4日死去した。36歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

釜鳴屋平七

没年:文久3.11.4(1863.12.14)
生年文政11?(1828)
安政年間(1854~60)伊豆国(静岡県)熱海村に発生した漁場騒動の指導者。平七は網主でありながら網子と共に行動し,6年11月韮山代官所へ門訴。八丈島へ遠島途中の大島にて死去。熱海市和田浜南海浜公園に銅像が建てられている。

(保坂智)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

釜鳴屋平七の関連キーワード没年幕末

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android