釣天井(読み)つりてんじょう

精選版 日本国語大辞典「釣天井」の解説

つり‐てんじょう ‥テンジャウ【釣天井】

〘名〙
① つっておき、切り落として下にいるを圧殺するように仕掛けた天井。江戸初期に作られたと伝えられる宇都宮の釣天井が有名。
家屋雑考(1842)五「近世に至り、釣天井などいふ秘伝ありともいへり」
② つり木やつり金物によってつっている天井。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「釣天井」の解説

つり‐てんじょう〔‐テンジヤウ〕【釣(り)天井/×吊り天井】

つり上げておき、下に落として室内にいる人を押し殺すように仕掛けた天井。本多正純徳川秀忠を殺そうとしたという伝説上の「宇都宮の釣天井」が知られている。
建築で、釣木つりぎや釣金具を用いてつっている天井。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「釣天井」の解説

釣天井
(通称)
つりてんじょう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
忠孝武蔵鎧 など
初演
明治2.4(東京・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android