コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣藤 ちょうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちょうとう【釣藤】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。アカネ科カギカズラ、またはトウカギカズラのとげを乾燥したもの。鎮静鎮痛鎮痙(ちんけい)などの作用がある。呼吸を麻痺(まひ)させる作用があるので使用に注意が必要。慢性の頭痛に効く釣藤散(さん)神経症不眠症に効く抑肝散(よくかんさん)高血圧に効く七物降下湯(しちもつこうかとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

釣藤の関連キーワード抑肝散加陳皮半夏鉤葛・鈎葛釣藤鈎鉤葛菊花慢性作用とげ麻痺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android