コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木カップリング反応 スズキカップリングハンノウ

1件 の用語解説(鈴木カップリング反応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐カップリングはんのう〔‐ハンオウ〕【鈴木カップリング反応】

有機化合物の合成にパラジウム触媒として用いるクロスカップリング反応の一つ。根岸カップリング反応で使われた亜鉛に代わり、化学反応のある段階において、ホウ素を含む有機金属化合物が一時的に接着剤に似た役割を担い、さまざまな有機化合物の炭素どうしを選択的に結びつける。昭和54年(1979)に鈴木章、宮浦憲夫らにより発見。有機ホウ素化合物は一般的な有機金属化合物に比べ、水や空気に対して安定していて扱いが容易であり、かつ副生成物の毒性が低いため、天然物の全合成医薬品や農薬、電子材料などの製造に広く応用されている。平成22年(2010)、鈴木は同業績により、根岸英一ヘックとともにノーベル化学賞を受賞した。鈴木宮浦カップリング反応鈴木宮浦反応。鈴木クロスカップリング反応。鈴木反応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木カップリング反応の関連キーワードグリニャール試薬パラジウムヘック無機化合物有機化合物有機金属化合物鈴木章有機物根岸カップリング反応ヘック反応

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone