鈴木三千代(読み)すずき みちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木三千代 すずき-みちよ

1901-1997 昭和時代の経営者。
明治34年1月5日生まれ。鈴木忠治の長男。鈴木治雄の兄。大正13年味の素本舗鈴木商店(現味の素)に入社。輸出をのばして常務,専務。昭和18年昭和農産化工(のち三楽酒造,三楽オーシャン。現メルシャン)に転じ,社長,52年会長。平成9年11月10日死去。96歳。神奈川県出身。東京商大(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android