コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木哲朗 すずき てつろう

1件 の用語解説(鈴木哲朗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木哲朗 すずき-てつろう

1866-1933 明治-昭和時代前期の水産事業家。
慶応2年10月11日生まれ。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)などにまなび,明治20年渡米。帰国後郷里の宮城県唐桑(からくわ)村で家業の海産物商をつぐ。マグロ巻き網の改良につとめ,鈴木式巻き網を考案。船長として遠洋漁業にも進出した。県会議員。唐桑村長。昭和8年3月28日死去。68歳。
【格言など】四方の海の衆是れ兄弟

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木哲朗の関連キーワード織田東禹小山善杉山義雄竹腰正己能村磐夫藤野準藤原元太郎前島平依田豊渡辺七郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone