コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木喜代春 すずき きよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木喜代春 すずき-きよはる

1925- 昭和後期-平成時代の教育者,児童文学作家。
大正14年7月9日生まれ。出身地の青森県と千葉県の小・中学校に38年間つとめ,作文教育,社会科教育につくす。昭和37年の「北風の子」以来,東北農村の子どもたちのたくましさをえがきつづけ,63年「津軽の山歌物語」で日本児童文芸家協会賞。ほかに「十三湖のばば」「子どもにおくる戦争があったころの話」など。日本子どもの本研究会会長をつとめた。青森師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木喜代春の関連キーワード教育者津軽

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android