鈴木四郎右衛門(読み)すずき しろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木四郎右衛門 すずき-しろうえもん

1609-1664 江戸時代前期の武士。
慶長14年生まれ。安芸(あき)広島藩士。浦辺御蔵奉行,賀茂郡代官をつとめる。正保3年より賀茂郡竹原下市村の海辺を干拓。のち赤穂から技術者をまねいて干拓地の一部を塩田に転換し,承応(じょうおう)3年には約60haの竹原塩田の開発に成功した。寛文4年2月29日死去。56歳。幼名は八十郎。名は重仍(しげより)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android