鈴木四郎右衛門(読み)すずき しろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木四郎右衛門 すずき-しろうえもん

1609-1664 江戸時代前期の武士。
慶長14年生まれ。安芸(あき)広島藩士。浦辺御蔵奉行,賀茂郡代官をつとめる。正保3年より賀茂郡竹原下市村の海辺を干拓。のち赤穂から技術者をまねいて干拓地の一部を塩田に転換し,承応(じょうおう)3年には約60haの竹原塩田の開発に成功した。寛文4年2月29日死去。56歳。幼名は八十郎。名は重仍(しげより)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android