コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹原塩田 たけはらえんでん

百科事典マイペディアの解説

竹原塩田【たけはらえんでん】

江戸時代,安芸(あき)国竹原(現広島県竹原市)に造られた入浜(いりはま)塩田。1646年から干拓された大新開(おおしんがい)の一部が塩田に充てられ,赤穂(あこう)から技術者を招いて塩浜を試作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけはらえんでん【竹原塩田】

江戸時代,現在の広島県竹原市につくられた入浜塩田。安芸国賀茂郡竹原下市(しもいち)村では1646年(正保3)2月から翌年にかけ,郡代官鈴木四郎右衛門主導下に大新開(おおしんがい)が干拓されたが,その一部を塩田に改築することになり,播州赤穂から2人の技術者を招いて塩浜1軒を試作した。これが成功したので50年(慶安3)大新開の沖口沿いに31軒を築造し(慶安の古浜と呼ばれる),さらに52年(承応1)あらたに新開の中に新浜67軒を増築,98軒となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹原塩田の関連キーワード長谷部九兵衛竹原(市)竹原[市]鈴木重仍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android