コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木小蓮 すずき しょうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木小蓮 すずき-しょうれん

1779-1803 江戸時代後期の儒者。
安永8年生まれ。鈴木芙蓉(ふよう)の長男。皆川淇園(みながわ-きえん)の門にまなぶ。詩文にしたしみ,中国の三代・両漢・唐宋八家(とうそうはっか)の文や唐詩をおもんじた。享和3年6月2日死去。25歳。死後,父によって「小蓮残香集」が刊行された。江戸出身。名は恭,恭通。字(あざな)は遠恥。通称は文蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木小蓮の関連キーワード鈴木鳴門儒者

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android