コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木芙蓉 すずき ふよう

3件 の用語解説(鈴木芙蓉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鈴木芙蓉

江戸後期の画家。信濃生。名は雍、字は文煕、通称新兵衛、別号に老蓮。画を宋紫石に学び、阿波国蜂須賀侯に画師として仕える。また詩文にも長じ、皆川淇園亀田鵬斎大田蜀山人など多くの詩人と交流があった。文化13年(1816)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木芙蓉 すずき-ふよう

1749-1816 江戸時代中期-後期の画家。
寛延2年生まれ。鈴木小蓮の父。信濃(しなの)(長野県)飯田の人。江戸にでて渡辺湊水(そうすい)にまなぶ。山水画と詩文にすぐれ,寛政8年から阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家に絵師としてつかえた。文化13年5月27日死去。68歳。名は雍。字(あざな)は文煕。通称は新兵衛。別号に老蓮など。画集に「唐土名山図会」「画図酔芙蓉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木芙蓉

没年:文化13.5.27(1816.6.22)
生年:宝暦3(1753)
江戸中・後期の画家。信州(長野県)飯田に生まれる。名は雍。字は煕,号は老蓮。通称新兵衛。江戸に出て,谷文晁の師渡辺玄対に画を学んだといわれ,また林家で儒学を学び,多くの文人と交わった。のちに文晁が大成させた江戸南画の一翼を担った。寛政8(1796)年阿波(徳島)藩主蜂須賀氏に召されて,藩の御用絵師となったが,芙蓉は儒者として招かれなかったことに大変落胆したという。代表作に寛政10年の「那智山大瀑雨景図」(静嘉堂文庫蔵)がある。

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木芙蓉の関連キーワード佐竹蓬平林信春長谷川鶴洲平蕉斎吉村周南松井元仲一木蘆洲中川梅縁信州蕎麦信州蒸し

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木芙蓉の関連情報