鈴木左内(読み)すずき さない

  • 鈴木左内 すずき-さない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1839-1909 明治時代の名主。
天保(てんぽう)10年生まれ。明治7年六郷(東京都大田区)と川崎間の六郷川(多摩川下流)に木橋を架設。長さ109m,幅5.5mで左内橋とよばれ,最初の六郷橋となった。11年洪水で流失した。明治42年12月24日死去。71歳。武蔵(むさし)荏原(えばら)郡(東京都)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android