鈴木来助(読み)すずき らいすけ

  • 鈴木来助 すずき-らいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1842-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年7月生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩士。総奉行鈴木百助の養子。京都で薩摩(さつま)鹿児島藩士らとの連絡にあたり,戊辰(ぼしん)戦争では新潟地方を転戦出羽(でわ)関川(山形県)の戦いで負傷し,明治元年10月5日死去。27歳。本姓は日高。幼名は虎衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android