コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木松年 すずき しょうねん

美術人名辞典の解説

鈴木松年

日本画家。京都生。日本画家鈴木百年の子。名は賢、字は百僊。父に画を学び、国内外の博覧会、絵画共進会で活躍、京都画壇に重きを成す。豪放剛健な作風による山水花鳥人物画を能くした。大正7年(1918)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木松年 すずき-しょうねん

1848-1918 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)元年6月14日生まれ。鈴木百年の長男。幼少のころより父にまなぶ。明治14年京都府画学校の教員となる。人物画を得意とし,いま(曾我)蕭白(しょうはく)といわれた。内国勧業博覧会などで受賞。上村松園の最初の師。大正7年1月29日死去。71歳。京都出身。名は賢。初号は百僊(ひゃくせん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木松年の関連キーワード上村 松園土田 麦僊庭山 耕園藤井 松山村上華雲庭山耕園今尾景年大正時代畑 仙齢土田麦僊田中松斎小西福年鈴木松僊邨松雲外斎藤松洲藤井松山湯川松堂嘉永

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木松年の関連情報