コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木花蓑 すずき はなみの

美術人名辞典の解説

鈴木花蓑

俳人。本名喜一郎。愛知県生。地方裁判所書記・大審院書記を務める。正岡子規門人。『ホトトギス』同人。東海俳壇『アヲミ』の雑詠選者・大阪朝日新聞俳壇選者。著書に『鈴木花蓑句集』がある。昭和17年(1942)歿、62才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木花蓑 すずき-はなみの

1881-1942 大正-昭和時代前期の俳人。
明治14年8月15日生まれ。大正4年上京し,大審院の書記となる。高浜虚子に師事し,昭和4年「ホトトギス」同人。虚子のとなえる客観写生の立場をまもった。昭和17年11月6日死去。62歳。愛知県出身。本名は喜一郎。句集に「鈴木花蓑句集」。
【格言など】晴天やコスモスの影撒(ま)きちらし(「鈴木花蓑句集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木花蓑の関連キーワード永井 賓水鈴木 花蓑浮き寝鳥夕千鳥紅蜀葵流し雛源平桃実南天風車日傘麦鶉