コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木荘六 すずき そうろく

1件 の用語解説(鈴木荘六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木荘六 すずき-そうろく

1865-1940 明治-昭和時代前期の軍人。
元治(げんじ)2年2月19日生まれ。日清(にっしん)・日露戦争に従軍。陸軍参謀本部作戦課長などをへて,大正8年第五師団長としてシベリア出兵にくわわる。12年台湾軍司令官,13年陸軍大将,朝鮮軍司令官。15年参謀総長となる。のち帝国在郷軍人会会長。昭和15年2月20日死去。76歳。越後(えちご)(新潟県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鈴木荘六の言及

【忠魂碑】より

…日露戦争前には記念碑,招魂碑と呼ばれるものが建てられたが,忠魂碑として日本全国に普及していくのは日露戦争以後のことで,大正・今上天皇の即位記念事業として,市町村の在郷軍人分会が献金を募集し,小学校の一角に建立したものが多い。碑文題号の揮毫(きごう)者は帝国在郷軍人会会長の一戸兵衛や鈴木荘六の例が多く,除幕式は慰霊祭を兼ねて3月10日の陸軍記念日に挙行された。日中戦争がはじまると,1939年7月に大日本忠霊顕彰会が発足し,その指導によって戦死者の遺骨を納めた忠霊塔を各市町村に1基ずつ建設するようになった。…

※「鈴木荘六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴木荘六の関連キーワード小川正孝石沢慈興佐久間文吾十時弥中川浄益(10代)松木直亮松平直亮松平頼安峯尾文太郎山名義路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone