鈴木蔵

美術人名辞典の解説

鈴木蔵

陶芸家。昭和9年(1934)岐阜県生。釉薬の研究をしていた父の助手として丸幸陶苑試験室に入社し、加藤幸兵衛のもとで作陶を学ぶ。以来ひたすら志野に取り組み、一貫してガス窯による志野の焼成に挑み続けている。日本陶磁協会金賞・チェコ国際陶芸展グランプリ・芸術選奨文部大臣賞等受賞多数。朝日陶芸展審査員・日本伝統工芸展鑑査委員等を歴任。日本工芸会理事。人間国宝

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木蔵 すずき-おさむ

1934- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和9年12月1日生まれ。荒川豊蔵,加藤土師萌(はじめ)らにまなぶ。桃山時代の志野を調査・研究するとともに,古来穴窯でなく,独自のガス窯をつかうなどして現代の志野焼を制作。昭和62年芸術選奨,平成6年人間国宝。岐阜県出身。多治見工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木蔵の関連情報