コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川豊蔵 あらかわ とよぞう

百科事典マイペディアの解説

荒川豊蔵【あらかわとよぞう】

陶芸家。岐阜県多治見出身。宮永東山北大路魯山人のもとで作陶。1930年岐阜県可児郡大萱(おおがや)に志野の古窯跡を発見,その地に築窯し,古志野の再現に努めた(志野焼)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川豊蔵 あらかわ-とよぞう

1894-1985 大正-昭和時代の陶芸家。
明治27年3月21日生まれ。宮永東山らにまなび,鎌倉で北大路魯山人(ろさんじん)の作陶をてつだう。昭和5年岐阜県可児郡の大萱(おおがや)で桃山時代の古窯跡を発見。ちかくに窯をきずき,志野,黄瀬戸,瀬戸黒の再現につとめた。30年人間国宝,46年文化勲章。昭和60年8月11日死去。91歳。岐阜県出身。号は斗出庵。編著に「志野」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらかわとよぞう【荒川豊蔵】

1894‐1985(明治27‐昭和60)
陶芸家。岐阜県多治見に生まれる。1919年京都の宮永東山窯で作陶を始め,27年北大路魯山人に招かれて北鎌倉の星岡(ほしがおか)窯を助ける。30年岐阜県可児郡大萱(おおがや)でそれまで謎とされていた桃山時代の志野,瀬戸黒,黄瀬戸の古窯址群を発見,32年からその古窯址近くに当時の半地上式穴窯を築いて定住。以来,それらの優れた茶陶を今日に生かして表現する研究に没頭した。55年〈志野・瀬戸黒〉の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され,71年文化勲章受章。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あらかわとよぞう【荒川豊蔵】

1894~1985) 陶芸家。岐阜県生まれ。岐阜県大萱おおかやで、桃山時代の古窯跡を発見。志野・瀬戸黒・黄瀬戸の再現に努力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒川豊蔵
あらかわとよぞう

[生]1894.3.18. 岐阜,多治見
[没]1985.8.11. 岐阜,多治見
陶芸家。京都の宮永東山について陶技を学び,1930年に岐阜県可児郡久々利村大萱で志野焼の古窯地を発見。同年,同地に古式の登り窯を築いて作陶。桃山時代の志野,瀬戸黒などの古美濃の技法を復元し,55年に志野,瀬戸黒の重要無形文化財技術保持者に認定された。 65年紫綬褒章,71年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒川豊蔵
あらかわとよぞう
(1894―1985)

陶芸家。明治27年3月17日、陶業をなりわいとする岐阜県泉村久尻(くじり)(現、土岐市)加藤与左衛門方で生まれる。少年のころ一時貿易商の見習いとなったが、1919年(大正8)京都の名陶工宮永東山(1868―1941)を知り、陶業を本格的に修める。彼が陶工として飛躍を遂げたのは、1927年(昭和2)に北大路魯山人(きたおおじろさんじん)の主宰する鎌倉星岡窯(ほしがおかかま)に招かれてからである。ついで1930年に故郷の岐阜県可児(かに)市大萱(おおがや)に桃山時代の志野陶の名窯を発見、この地に古式の半穴窯を築いて古志野、瀬戸黒の制作に没頭し、その力量を桃山時代の美濃(みの)陶を現代に蘇生(そせい)させることに注ぎ、現代を代表する茶陶作家となった。その成果により、1955年(昭和30)重要無形文化財保持者に認定され、1971年には文化勲章を受章。昭和60年8月11日没。[矢部良明]
『吉田耕三編『やきものの美6 荒川豊蔵』(1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒川豊蔵の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門市之倉さかづき美術館荒川豊蔵資料館岐阜県美術館金重 陶陽可児(市)荒川 豊蔵加藤孝造昭和時代荒川武夫一水会鈴木蔵美濃焼荒川

荒川豊蔵の関連情報