コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木鄰松 すずき りんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木鄰松 すずき-りんしょう

1732-1803 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)17年生まれ。幕臣で,小十人組。狩野栄川(かのう-えいせん)にまなび,加藤文麗らとともに専門家外の名手として知られた。英一蝶(はなぶさ-いっちょう),狩野探幽(たんゆう)の粉本をもとに画譜を刊行。狂歌本などの挿絵もえがいた。享和3年死去。72歳。本姓は船橋。名は茂銀(しげかね)。通称は源太左衛門。別号に芝山館。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木鄰松の関連キーワードベートーベン山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科別院山科本願寺嵐三五郎(2代)諏訪幾平宮永正運

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android