コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄文道樹 てつぶん どうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄文道樹 てつぶん-どうじゅ

1710-1781 江戸時代中期の僧。
宝永7年5月5日生まれ。曹洞(そうとう)宗。備中(びっちゅう)(岡山県)円通寺黙子素淵(もくし-そえん)の法をつぐ。同寺の住持などをへて尾張(おわり)(愛知県)泉松寺を再興した。天明元年8月27日死去。72歳。三河(愛知県)出身。俗姓湯浅著作に「道樹録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鉄文道樹の関連キーワード太巌祖仙

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android