コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛鉱物 なまりこうぶつlead minerals

世界大百科事典 第2版の解説

なまりこうぶつ【鉛鉱物 lead minerals】

鉛の原料鉱物として重要なものは方鉛鉱PbS(鉛86.6%)で各種の鉱床に産するが,セン亜鉛鉱と伴うことが多く,しばしば鉛・亜鉛鉱床として一括されている。鉛は地球上にわずかしか存在しないが,硫黄と結合する性質が強く,独立した鉱物として方鉛鉱をつくっている。鉛を含む硫塩鉱物も知られているが量は少ない。方鉛鉱は鉱床の酸化帯では大気中の酸素や二酸化炭素と反応して白鉛鉱cerussite PbCO3(斜方晶系,比重6.6,無色~白~灰,ダイヤモンド光沢),硫酸鉛鉱anglesite PbSO4(斜方晶系,比重6.3,鉛68.3%,無色~白~灰,ダイヤモンド光沢,微粒の場合は土状)に変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉛鉱物の関連キーワードベンジャミン鉱カドミウム金(元素)亜鉛鉄鉱菱亜鉛鉱紅亜鉛鉱緑鉛鉱

鉛鉱物の関連情報