コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀聯 ギンレン

2件 の用語解説(銀聯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎんれん【銀×聯】

中国の銀行間決済ネットワーク中国銀聯が運営。日本・米国・韓国・ドイツフランスなどの銀行やカード会社とも提携し、利用できる地域が拡大している。→銀聯カード

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀聯
ぎんれん
China Unionpay

中国の銀行を中心とする銀行間決済ネットワークの名称。正式名称は「中国ユニオンペイ」であるが、中国の大手銀行が共同で設立した中国銀聯が運営しているため、こうよばれる。決済ネットワークで使えるキャッシュカード銀聯カード」の発行枚数は2012年時点で35億枚を超え、クレジットカードがあまり普及していない中国で広く決済手段として使われている。銀聯カードは日米欧など130か国以上で利用できる。
 中国の中央銀行である中国人民銀行が主導する形で、2002年から銀行間の決済サービスを始めた。中国銀聯の本社は上海(シャンハイ)にあり、中国国内外の約240社が決済ネットワークに参加している。中国では安全な与信システムが確立しておらず、消費者による決済は現金が主流であるが、もっとも額の大きい紙幣でも100元(邦貨換算約1300円)にとどまる。そのため高額の決済に向いておらず、預金残高の範囲内で買い物などを決済できるデビットカード機能がついている銀聯カードがその役割を担うようになった。2009年6月時点で、中国で銀聯カードを使える店舗は135万店、POS端末は211万台、ATM端末は18万台に達している。
 日本では2005年(平成17)末から、三井住友カードが銀聯と提携して銀聯カードの発行を開始。中国への旅行者、ビジネスマン、留学生らの間で利用されている。経済成長に伴って、中国人の海外旅行者は増加しているが、5000アメリカ・ドル以上の現金を海外へ持ち出せない規制が残っている。このため中国人旅行者は買い物の決済などに銀聯カードを利用するケースが多く、日本国内では百貨店、ホテル、家電量販店、旅行代理店などが相次いで銀聯カード対応の決済システムを導入している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀聯の関連キーワードリング型ネットワークインハウスネットワークケーブルネットワーク社会的ネットワークステーションネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークネットワーク効果ネットワークトラフィックラインネットワーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀聯の関連情報