コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行券ルール ギンコウケンルール

2件 の用語解説(銀行券ルールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎんこうけん‐ルール〔ギンカウケン‐〕【銀行券ルール】

日銀が引き受ける長期国債の総額を日本銀行券の流通残高以下に収めるという政策目標。日銀が自主的に設定している。
[補説]日銀の貸借対照表上では、国債の引き受け額は資産に、銀行券の発行残高は負債に計上される。日銀は金融調節の手段の一つとして金融機関から国債を買い上げることで資金を供給するが、これは、日銀が国債の最終的な引き受け手になることを意味する。国債の引き受け額に上限を設定することで、国の債務である国債を無制限に肩代わりすることなく、本来の金融調整機能を発揮することができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

銀行券ルール

日本銀行が買い入れる長期国債の上限を、市中に出回るお札(日本銀行券)の額までとする自主的な取り決め。2001年3月に量的緩和政策を導入し、国債の買い入れを増やした際の金融政策決定会合で決めた。国債購入を際限なく増やさないようにするための歯止めになってきた。

(2013-04-03 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀行券ルールの関連キーワード国債日本銀行法長期国債超長期国債日銀帳尻新日銀法登録国債短期国債(TB:Treasury Bills)日本銀行の審議委員日本銀行の追加金融緩和

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀行券ルールの関連情報