コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行資本 ぎんこうしほんbanking capital

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんこうしほん【銀行資本 banking capital】

銀行が取り扱う資金を総括的に表す伝統的な言葉であり,源泉の面では,自己資本のほか,銀行券(発券銀行の場合),預金などに,運用の面では,貸出し,証券投資,他銀行への預金,現金などに分かれる。一時点の金額では銀行の総資産(または総負債+資本金)と同じことになる。経済理論上の概念としては,産業資本商業資本という用語法に対応して,銀行業に投下された資本(銀行の自己資本)に限定した意味で用いる場合も多い。この場合は,再生産に携わる諸資本の信用授受の基礎をなす資金と信用授受にともなう費用との一部が資本として自立したものといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

銀行資本の関連キーワード国際復興開発銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)IBRD(International Bank for Reconstruction and Development)ヒルファーディングバークレイズ銀行ブーランジェ事件第一銀行[株]マルクス経済学バンコク銀行独占資本主義横浜正金銀行メロン財閥金融資本論尾高 次郎第三共和政大坂商人パリ改造帝国主義経済思想十五銀行七月王政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀行資本の関連情報