コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行資本 ぎんこうしほん banking capital

1件 の用語解説(銀行資本の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんこうしほん【銀行資本 banking capital】

銀行が取り扱う資金を総括的に表す伝統的な言葉であり,源泉の面では,自己資本のほか,銀行券(発券銀行の場合),預金などに,運用の面では,貸出し,証券投資,他銀行への預金,現金などに分かれる。一時点の金額では銀行の総資産(または総負債+資本金)と同じことになる。経済理論上の概念としては,産業資本商業資本という用語法に対応して,銀行業に投下された資本(銀行の自己資本)に限定した意味で用いる場合も多い。この場合は,再生産に携わる諸資本の信用授受の基礎をなす資金と信用授受にともなう費用との一部が資本として自立したものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銀行資本の関連キーワード外貨預託窓口規制総括的評価銀行信用振替口座包括的バックアップライン非伝統的金融政策持扱うもて扱う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀行資本の関連情報