鋒矢形・鉾矢形(読み)ほうしがた

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 いくさの陣立の一種。小勢で多勢を破ろうとする時の構えで、足軽などをの形に並べ、矢・鉄砲などを撃ちながら進め、その後に騎馬武者を一の字形にそろえ、機を見て足軽が左右に開き、武者が急に突進するもの。鋒矢。
※鎌倉大草紙(16C中か)「二千余騎、鳥居の前より東に向、鉾矢形に張陣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android