コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦海老 ニシキエビ

デジタル大辞泉の解説

にしき‐えび【錦海老】

イセエビ科の甲殻類。浅海にすみ、イセエビに似るが大きく、体長約50センチ。体色は褐色に白斑があり、脚は白に紫褐色の横縞がある。三重県以南に分布。食用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきえび【錦海老】

エビの一種。イセエビに似るが、より大形で体長約50センチメートル。紫褐色の地に黄白色の不規則な斑紋があり美しい。味はイセエビに劣る。日本では紀伊半島以南に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

錦海老 (ニシキエビ)

学名:Panulirus ornatus
動物。イセエビ科のエビ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android