錦織俊政(読み)にしごり としまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦織俊政 にしごり-としまさ

?-1331 鎌倉時代の武士。
院の判官代をつとめる。元徳3=元弘(げんこう)元年後醍醐(ごだいご)天皇の笠置(かさぎ)挙兵にくわわり,六波羅方の包囲軍7万とたたかう(元弘の乱)。9月28日奇襲により行宮(あんぐう)が陥落した際,自刃(じじん)した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android