コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判官代 ホウガンダイ

大辞林 第三版の解説

ほうがんだい【判官代】

院庁の職員で、別当・執事・年預ねんよに次ぐ者。五位・六位の蔵人くろうどを当てた。
国衙こくが領・荘園の現地にあって、土地の管理や年貢の徴収などをつかさどった職員。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

判官代の関連キーワード天満宮菜種御供院の庁下文吉田 兵次藤原成範藤原隆季藤原定経石川義兼藤原邦通藤原為房藤原宣孝佐竹義宗藤原朝方吉田経房武蔵武芝藤原隆時藤原親経藤原伊通高階信章足利義清院庁下文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android