静か(読み)シズカ

デジタル大辞泉「静か」の解説

しず‐か〔しづ‐〕【静か/閑か】

[形動][文][ナリ]
耳ざわりな物音や声がしないさま。ひっそりしているさま。「―な宿」「虫の声が聞こえる―な夜」
目につく動きがなく、ゆったりとしているさま。慌ただしくないさま。「―な川の流れ」「―に椅子を引いて座る」
落ち着いているさま。気持ちに動揺や乱れがないさま。穏やか。「―な境地」「―に余生を送る」
性格がおとなしく、口数が少ないさま。「―な人柄」
[派生]しずかさ[名]
[類語](1ひそやかしめやか静寂静粛静閑閑静閑散閑寂清閑しじま(「―と」「―たる」の形で)森閑深深しんしん森森しんしん沈沈ちんちんせき・じゃく寂然せきぜん・じゃくねん寂寂せきせき・じゃくじゃくげき闃然げきぜん粛然/(2)(3穏やか安らか平らか平静静穏平穏沈静/(4物静か大人しやか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android