コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

及ぶ オヨブ

2件 の用語解説(及ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

およ・ぶ【及ぶ】

[動バ五(四)]
物事が続いたり広がったりして、ある所・範囲に届く。達する。「五時間に―・ぶ討論」「被害は各地に―・んだ」「議論が国際問題に―・ぶ」
ある状態にたちいたる。「この期に―・んで、まだ決めかねている」
結果として、ある状態・段階になる。「実力行使に―・ぶ」
自分の力が届く。なしとげられる。「―・ぶ限りの努力をする」「―・ばぬ恋」
(多く打消しの語を伴って用いる)能力・地位・実質などの程度がある基準に達する。
㋐追いつく。また、とり返しがつく。「想像も―・ばない進歩」「悔やんでも―・ばない」
㋑匹敵する。かなう。「英会話では彼に―・ぶ者がない」→及びもつかない
(「…にはおよばない」の形で)…する必要がない。…しなくともよい。「遠慮するには―・ばない」
動詞の連用形に付いて、動詞の意味を強調し、その動作が最後の段階にまで到達していることを表す。「聞き―・ぶ」
及び腰になる。
「榊をいささか折り給ひて、少し―・びて、参らせ給ふ」〈狭衣・三〉
[下接句]足元にも及ばない言うに及ばず一議に及ばず駟(し)も舌に及ばず疾雷(しつらい)耳を掩(おお)うに及ばず過ぎたるは猶(なお)及ばざるがごとし是非に及ばず

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

およぶ【及ぶ】

( 動五[四] )
ある動きやその影響が伝わっていって、ある離れた所にまで達する。 「近代文明の-・ばぬ未開の地」 「わが身に被害が-・ぶ」 「君にまで迷惑が-・ぶとは思わなかった」
範囲が次第に広がって、ある点にまで達する。 「北海道から中部地方に-・ぶ広い地域での地震」 「話題が戦時中のことに-・ぶ」
ある数量・時刻・段階に達する。 「前後一〇回に-・ぶ折衝」 「会議はしばしば深夜に-・んだ」 「この期に-・んで中止と言われても困る」
能力・地位・実績などの程度が、ある水準に達する。匹敵する。 「彼の芸はまだ師匠には遠く-・ばない」 「体力では彼の足元にも-・ばない」
ある範囲全体に行き渡る。 「あんな結末を迎えるとは全く想像も-・ばなかった」 「私も力の-・ぶ限り協力いたします」
届く。何とかすることができる。 「 - ・ばぬ恋」 「くやしがっても-・ばない」
事態が進展していって、そういう状態にまでなる。 「酔っぱらって乱暴狼藉に-・んだ」 「ついに犯行に-・ぶ」
多く「…するには及ばない」の形で、…する必要がない、…しなくてよい、の意を表す。 「自分で行くには-・ばない」 「いえ、それには-・びません」 「言うにや-・ぶ」
体を伸ばして届かせる。 「枕上なる扇、わが持たるして-・びてかきよするが/枕草子 36
[慣用] 言うに及ばず ・一議に及ばず ・是非に及ばず ・力及ばず

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

及ぶの関連キーワード居並ぶばったり押並ぶ思い浮ぶ消し飛ぶ尊ぶ取運ぶ吹飛ぶ滅ぶ燃広がる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

及ぶの関連情報