コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

及ぶ オヨブ

デジタル大辞泉の解説

およ・ぶ【及ぶ】

[動バ五(四)]
物事が続いたり広がったりして、ある所・範囲に届く。達する。「五時間に―・ぶ討論」「被害は各地に―・んだ」「議論が国際問題に―・ぶ」
ある状態にたちいたる。「この期に―・んで、まだ決めかねている」
結果として、ある状態・段階になる。「実力行使に―・ぶ」
自分の力が届く。なしとげられる。「―・ぶ限りの努力をする」「―・ばぬ恋」
(多く打消しの語を伴って用いる)能力・地位・実質などの程度がある基準に達する。
㋐追いつく。また、とり返しがつく。「想像も―・ばない進歩」「悔やんでも―・ばない」
㋑匹敵する。かなう。「英会話では彼に―・ぶ者がない」→及びもつかない
(「…にはおよばない」の形で)…する必要がない。…しなくともよい。「遠慮するには―・ばない」
動詞の連用形に付いて、動詞の意味を強調し、その動作が最後の段階にまで到達していることを表す。「聞き―・ぶ」
及び腰になる。
「榊をいささか折り給ひて、少し―・びて、参らせ給ふ」〈狭衣・三〉
[下接句]足元にも及ばない言うに及ばず一議に及ばず駟(し)も舌に及ばず疾雷(しつらい)耳を掩(おお)うに及ばず過ぎたるは猶(なお)及ばざるがごとし是非に及ばず

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

およぶ【及ぶ】

( 動五[四] )
ある動きやその影響が伝わっていって、ある離れた所にまで達する。 「近代文明の-・ばぬ未開の地」 「わが身に被害が-・ぶ」 「君にまで迷惑が-・ぶとは思わなかった」
範囲が次第に広がって、ある点にまで達する。 「北海道から中部地方に-・ぶ広い地域での地震」 「話題が戦時中のことに-・ぶ」
ある数量・時刻・段階に達する。 「前後一〇回に-・ぶ折衝」 「会議はしばしば深夜に-・んだ」 「この期に-・んで中止と言われても困る」
能力・地位・実績などの程度が、ある水準に達する。匹敵する。 「彼の芸はまだ師匠には遠く-・ばない」 「体力では彼の足元にも-・ばない」
ある範囲全体に行き渡る。 「あんな結末を迎えるとは全く想像も-・ばなかった」 「私も力の-・ぶ限り協力いたします」
届く。何とかすることができる。 「 - ・ばぬ恋」 「くやしがっても-・ばない」
事態が進展していって、そういう状態にまでなる。 「酔っぱらって乱暴狼藉に-・んだ」 「ついに犯行に-・ぶ」
多く「…するには及ばない」の形で、…する必要がない、…しなくてよい、の意を表す。 「自分で行くには-・ばない」 「いえ、それには-・びません」 「言うにや-・ぶ」
体を伸ばして届かせる。 「枕上なる扇、わが持たるして-・びてかきよするが/枕草子 36
[慣用] 言うに及ばず ・一議に及ばず ・是非に及ばず ・力及ばず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

及ぶの関連キーワード一波纔かに動いて万波随う深在性皮膚真菌症天聴に達する如くはない如くはなし凶行・兇行行政区画頸城油田月を跨ぐ中央官庁卓状氷山三族の罪刃物三昧刃傷沙汰及ばない思い至る大火事差響き強談判二条派

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

及ぶの関連情報