コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬形虫 クワガタムシ

デジタル大辞泉の解説

くわがた‐むし〔くはがた‐〕【×鍬形虫】

甲虫目クワガタムシ科の昆虫の総称。体はやや平たくて長く、雄は頭の先に大形のあごを突き出し、兜の鍬形に似る。雌は小形で、あごも発達しない。夜、クヌギなどの樹液に集まる。幼虫は朽ち木や腐植土の中にすむ。ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタなど日本に約20種が知られる。くわがた。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわがたむし【鍬形虫】

クワガタムシ科の甲虫の総称。大顎が発達し、特に雄では長大なものが多く、兜の鍬形に似る。体長1センチメートルから、大顎を含めて全長10センチメートルに達するものまである。幼虫はジムシで朽ち木中にすみ、成虫はカシ・クヌギ・ナラなどの樹液に集まる。各地に分布し、種類が多い。ミヤマクワガタ・オオクワガタ・ノコギリクワガタなど。くわがた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鍬形虫 (クワガタムシ)

動物。クワガタムシ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鍬形虫の関連キーワードジムシ成虫動物甲虫大顎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android