コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山鍬形 みやまくわがた

大辞林 第三版の解説

みやまくわがた【深山鍬形】

クワガタムシの一種。大形で雄は体長約6センチメートル。暗赤褐色ないし黒褐色。雄の大顎あごはつの状に発達し、内側に歯をもつ。7~8月に樹液に集まる。日本各地の平地・山地にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山鍬形 (ミヤマクワガタ)

学名:Veronica schmidtiana subsp.senanensis
植物。ゴマノハグサ科の多年草,高山植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

深山鍬形の関連キーワードミヤマクワガタクワガタムシ黒褐色体長山地樹液

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android