コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田勝太郎 かまだ かつたろう

2件 の用語解説(鎌田勝太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田勝太郎 かまだ-かつたろう

1864-1942 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
文久4年1月22日生まれ。塩産会社などを設立して,坂出(さかいで)塩業の振興につとめる。明治27年衆議院議員,30年貴族院議員。大日本塩業協会設立に参画。鎌田共済会をつくり,育英や社会事業につくした。昭和17年3月28日死去。79歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は正康。号は淡翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鎌田勝太郎

没年:昭和17.3.28(1942)
生年:元治1.1.22(1864.2.29)
明治期,讃岐(香川県)坂出塩業の父といわれた実業家。慶安年間(1648~52)以来の醤油屋鎌田の長男として生まれる。諱は正康,晩年淡翁と号した。明治11(1878)年に上京して福沢諭吉に師事。16年,沈滞した坂出大浜を合わせて塩産会社を設立,弱冠20歳で推されて社長となった。以来塩業の振興に努め,23年隣村宇多津の塩田を会社にまとめ,その社長も兼任した。27年衆院議員,30年以降貴族院の議員となり,中央政界の塩業調査会委員に任命され,また政府,業界の全塩業関係者を統合しての大日本塩業協会設立に参画した。塩業のほかに多くの事業,会社に関与し,また朝鮮で農業開発事業なども行った。晩年は郷土の育英,社会事業に尽くした。<参考文献>鎌田記念館編『淡翁 鎌田勝太郎伝』

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌田勝太郎の関連キーワード坂出讃岐香川・坂出3人殺害事件岩谷光煕尾形多五郎讃岐広直塩田忠左衛門田中定吉花岡タネ吉田拡斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone