コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田基豊 かまた もととよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田基豊 かまた-もととよ

1840-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩士。水戸藩士藤田小四郎らの筑波山挙兵に参加。尊攘(そんじょう)の立場にたって藩論を統一しようとしたが藩に捕らえられ,元治(げんじ)元年6月17日自刃(じじん)した。25歳。本姓は中島。初名は孝精。通称は才四郎。号は確堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鎌田基豊の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治アヘン戦争シュティフターレールモントフベアトランキン久坂玄瑞エンゲルスアヘン戦争

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android