鎧形/甲形(読み)ヨロイガタ

デジタル大辞泉の解説

よろい‐がた〔よろひ‐〕【×鎧形/甲形】

平安時代、節会の行事などの際、近衛官人が着た儀仗用の布帛(ふはく)に金・銀などの装飾を施したりして鎧の形に作ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android